前へ 次へ
私の自慢の宝物 その5

祖父愛用の茶櫃と煎茶碗

祖父が大切にしていた富士の茶櫃と煎茶碗です。
大明成化年製(中国明中期成化年間)の煎茶碗や珍品の裏印のある煎茶碗など15客です。

私の自慢の宝物 その6

大きな壷

これも祖父が大事にしていた古い壷です。
文様からして、恐らく中国の古美術品だろうと思いますが、詳細は不明です。

私の自慢の宝物 その7

大きな蓋付の器

鶴の紋様がありますが、日本の家紋など調べても同じものは見つかりません。
恐らくこれも中国の古美術品だろうと思いますが、詳細は不明です。

私の自慢の宝物 その8

祖父と父が愛用した茶櫃と煎茶セット

茶櫃・泡瓶(ホウヒン)・急須・湯冷まし・茶碗(朝日焼・竹泉(京焼)・萩焼など)で、とても大切に使っておりました。

次回の「私の自慢の宝物」をお楽しみに!!

ご意見・ご連絡は info@chiis.com にメールでお願い致します。

 
 
  Copyright(C) Chiis.com
mailto: info@chiis.com